SCORE CARDBACK NUMBER

“動けるデブ”で大人気、
浜亮太に膨らむ期待。
~プロレス大賞の有力候補を占う~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/12/01 06:00

“動けるデブ”で大人気、浜亮太に膨らむ期待。~プロレス大賞の有力候補を占う~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

入団時の体重は185kgだったが、18kgの増量に成功。200kgの曙を抜き、最重量選手に

 '09年度のプロレス大賞の選考会が近い。今年は有力なMVP候補がいなくても、新人賞は「浜ちゃんで決まりでしょう」との下馬評が高い。

 他ならぬ176cm、203kgのウルトラヘビー、全日本の浜亮太のことだ。大相撲八角部屋の出身、四股名は北勝嵐(ほくとあらし)、最高位は幕下6枚目。昨年夏場所限りで引退、プロレス転向後、入門3カ月足らずで初マット(11月3日、両国国技館、曙戦)を踏んだ驚異の新人だ。

 なにしろ記録ずくめ。体重が日本人レスラー史上最高なら、昨年の世界最強タッグ決定リーグ出場(パートナー・武藤敬司)はデビュー1カ月弱、今年のチャンピオン・カーニバルもデビュー半年足らずで出場と、いずれも史上最短での初出場を飾った。そして、9月23日、後楽園ホールにおいて、曙とのコンビでアジアタッグを奪取。これも新人のタイトル獲得最短記録であった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国決定未知なる大陸を征服せよ!

関連記事

浜亮太
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ