SCORE CARDBACK NUMBER

「平成名勝負数え唄」の
予感漂う中邑vs.棚橋戦。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/11/06 06:00

「平成名勝負数え唄」の予感漂う中邑vs.棚橋戦。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2月は棚橋(右)が中邑を下し、初防衛に成功。今度は、立場が入れ替わってのタイトル戦だ

 どちらも熱い。「平成名勝負数え唄」のゴングである。王者・中邑真輔vs.挑戦者・棚橋弘至のIWGPヘビー級選手権試合が、11月8日、両国国技館で開催されることに決まった。

 満員札止めで沸きに沸いた10・12両国の「蝶野正洋デビュー25周年特別興行」。右眼窩内側壁骨折で約2カ月間欠場中の棚橋が中邑相手に行なった復帰パフォーマンスは、ねちっこく嫌味たっぷりだった。ゼロワンの大谷晋二郎を得意技のボマイエ2連発で下し、初防衛を果たしたばかりの後輩に、「俺はお前を王者として認めない」と噛みつき、「俺を倒さなければ王者と言わせねえ、俺と戦え、暫定王者!」と決めつけたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー&W杯予選特集スペインを極める。

関連記事

棚橋弘至
中邑真輔
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ