SCORE CARDBACK NUMBER

経済危機を受けてF1はこれだけ変わる。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2009/01/29 00:00

 フェラーリが先陣を切って12日にニューマシンを発表すると、次々にビッグチームが続き、'09年シーズンがいよいよ動き始めた。

 今年は10年ぶりの「フルモデルチェンジ・イヤー」といってよい。国際経済情勢の悪化を受けてFIAおよびFOTA(チーム組織)がコストカットの取り組みに合意し、その方針にのっとって総合的な面でのコスト削減策が導入されることになったのだ。

 空力規制、スリックタイヤ復活、KERS(運動エネルギー回生システム)の任意採用化、この“3点セット”が目新しい変更だ。エンジンを年間20基限定にし、最高回転数を下げて3レース使用を義務付けるなどのルールも取り入れられ、チーム工場内での風洞実験の制限なども実施される。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 561文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー動乱の刻。

Sports Graphic Number 721

日本ラグビー
動乱の刻。

 

フェラーリ

F1の前後の記事

ページトップ