SCORE CARDBACK NUMBER

欧州の名物会長にみる、「話す力」の重要性。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2007/09/20 00:00

 8月下旬にJリーグの社長たちが欧州視察にやってきた。10人1組で3グループに分かれて、試合観戦や講習会が行われた。国外の長所を学ぼうとする姿勢は評価されるべきだろう。

 それでは、彼らが見習わんとする欧州クラブ幹部の長所とは何だろうか? 名物会長と呼ばれる人たちの経歴を見ると、ひとつのことが明らかになってくる。

 レバークーゼンをCLに出場する国際的なクラブに引き上げ、「ドイツ一の会長」と呼ばれたのがライナー・カルムントだ。すでに健康上の問題でレバークーゼンの会長職から退いたが、体重100kg超級のでっぷりとした体を覚えている方もいるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 613文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07-'08 Football Sensation]欧州異変。 THE EUROQUAKE

海外サッカーの前後の記事

ページトップ