SCORE CARDBACK NUMBER

クリンスマン監督がドイツに導入した改革とは。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTomohiko Suzui

posted2005/07/07 00:00

クリンスマン監督がドイツに導入した改革とは。<Number Web> photograph by Tomohiko Suzui

 ドイツ代表のウォーミングアップはちょっと変だ。足首だけでジャンプ。中腰になって前進。俯せになってハイハイ──異様な光景だが実はどれも、陸上のトップアスリートが、練習に取り入れているものだ。

 現在ドイツ代表には、4人のフィジカルコーチがいるが、そのうち3人はクリンスマン監督がアメリカから連れてきた専門家たちだ。アメリカのNBAやNFLの選手を管理している彼らのやり方は、欧州からするとかなり“異質”なのである。

 クリンスマンが監督になってから、ドイツ代表では改革続きだ。古参のGKトレーナーやコーチがクビにされ、次々に新しい人材が入ってきている。ドイツ代表として初めてメンタルトレーナーが導入されたし、“戦術分析の鬼”として知られるスイス人のジーゲンタラーを招聘した。勝つためには誰の手でも借りようとするのは、まさに合理主義で凝り固まったアメリカ人のよう。彼は、中国系アメリカ人のモデルと結婚し、引退後はずっとアメリカ西海岸にすんでいるのだからそれも当然か。「ヤツは、まるでブッシュ(大統領)のようだ」という批判的な声が聞こえてくるのも仕方ないだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 428文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集!コンフェデレーションズ杯]日本はもっと強くなる。

関連記事

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ