SCORE CARDBACK NUMBER

Wユースを席巻したアフリカ勢の進化。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMichi Ishijima

posted2005/07/21 00:00

Wユースを席巻したアフリカ勢の進化。<Number Web> photograph by Michi Ishijima

 ワールドユース決勝は衝撃的だった。これまで何度もユース年代のアルゼンチンを見てきたが、これほど攻守の切り替えで劣勢に立たされた試合は記憶にない。アルゼンチンは勝った。だが、幸運な判定(2本のPK)がなければ、勝負はどうなっていたかわからない。

 アルゼンチンはワールドユース近6大会で優勝4回を誇るが、ブラジルほど、個々人の技術が際立っているわけではない。むしろ特長は、戦術的規律とハードワーク。それらがチーム全体に行き届いているからこそ、勝負強い。なかでも目立つのが、攻→守→攻の切り替えの速さである。ボールを奪われた瞬間から、守備に移り、簡単にパスをつながせない。サビオラやテベスでさえも、それをサボることはなかった。そして、すぐに奪い返せれば、相手が守備から攻撃に意識が切り替わった間隙を一気に突くこともできる。このクロスカウンターこそが、アルゼンチン最大の武器なのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 533文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

我が道を往く。野球こそ命 No Baseball,No Life!

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ