SCORE CARDBACK NUMBER

新人王候補、青木宣親、つなぎ役に徹する姿勢。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2005/07/21 00:00

新人王候補、青木宣親、つなぎ役に徹する姿勢。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 野村克也が、今もヤクルトの監督を続けていたら、間違いなく1年目から使い続けたはずの選手が青木宣親。足が速い、ゴロを転がせる技術がある、というのがその理由だ。ともかく足を生かした内野安打が多い。

 ヤクルトの編成も、そのあたりはよくわかっている。宮本慎也に代わる核弾頭役を育てるという理由から、'03年のドラフトで青木を4巡指名。各チーム、相変わらずエースや4番を打てる長距離砲を狙うなかでの選択だった。西武の土井正博ヘッドは「プロに来るのはエースで4番ばかり。意識改革をするのに、何年もの時間を無駄にする」とよく嘆く。青木の場合は、大学時代に徹底してつなぎ役を叩き込まれたから、すんなりとチームに入ってくることができたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 594文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

我が道を往く。野球こそ命 No Baseball,No Life!
青木宣親
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ