SCORE CARDBACK NUMBER

フェラーリを脆くした“あの男”の不在。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2008/12/04 00:00

 コンストラクターズ・チャンピオンシップは最終戦でフェラーリが獲得したが、点数は172点と、新王者のL・ハミルトン同様に低い得点に終わった。 '07年のフェラーリ204点、'06年のルノー206点、'05年のルノー191点、'04年のフェラーリ262点と比べるとはっきり分かるだろう。

 今シーズン、フェラーリは8勝を挙げたが、表彰台を取り逃がすレースが5戦もあってポイントを伸ばせなかった。原因は3つ。開幕戦と中盤戦で発生したエンジン・トラブル、シンガポールGPなどで犯したピットワーク・ミス、雨のモナコやイギリスGPで苦戦を招いたウェットパフォーマンスの低下だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表W杯最終予選 アジア戦記。

関連記事

ミハエル・シューマッハー
レッドブル
BMW
ホンダ
ルノー
フェラーリ

F1の前後の記事

ページトップ