SCORE CARDBACK NUMBER

名球会より優勝争い。
横浜・石井琢朗の志。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/03/23 00:00

 横浜ベイスターズ・宜野湾キャンプで、田代富雄打撃コーチが言った。

 「ウチのベテランは率先して夜間練習をやってくれるので、若手も手を抜けない。もっとも、彼らは若いころから、当時のベテランに絶対負けまいと練習していたけどね」

 そのベテランとは、16年目の鈴木尚典、17年目の種田仁、18年目の石井琢朗の3人である。

 鈴木は4年契約の最終年である今年、結果を出さないと、来年はないと肝に銘じている。上宮高校の同級生だった元木大介(元巨人)よりも長くユニフォームを着ると心に決めていた種田は、ここ2年続けて3割を打ち、「また野球に欲が出た」と前向きだ。もう一人は2000本安打まであと39本に迫っている石井。一時はスランプに陥ったが、「一年一年が勝負」と言い、昨年はプロ入り初の全試合フルイニング出場を果たした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 525文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本代表 最後の戦い]奪取。

Sports Graphic Number 649

[日本代表 最後の戦い]
奪取。

 

石井琢朗
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ