SCORE CARDBACK NUMBER

新天地で掴んだ開幕投手。
山本省吾は「200回」を狙う。
~尾花監督の下で再生するか?~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/04/30 08:00

新天地で掴んだ開幕投手。山本省吾は「200回」を狙う。~尾花監督の下で再生するか?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

開幕戦5回4失点で降板するもチームは逆転勝ち。横浜にとって8年ぶりの開幕白星だった

「チームが変わると当然、雰囲気も全く変わる。色メガネで見られないことも、伸び伸びやれている一因かもしれません」

 沖縄・宜野湾キャンプでそう語っていたのは、オリックスから横浜に移籍した山本省吾。今季、プロ入り11年目を迎えた32歳のベテランだ。

「チームを立て直すためにも、何としても先発をこなせる左腕が欲しい」という尾花高夫監督たっての希望で、将来性十分の本格右腕・寺原隼人を放出してまで獲得した選手である。

 山本が金子千尋、近藤一樹、小松聖とともに二桁勝利を上げてクライマックスシリーズ進出に貢献したのは、大石大二郎監督時代の2008年のことだった。思い切って内角を突いたかと思うと、打ち気を逸らす外角のカーブやスライダーを使う。相手打者の芯を外す投法は、なかなか頭脳的と言われたものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー総力特集 名将が語るベストゲーム。

関連記事

山本省吾
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ