SCORE CARDBACK NUMBER

女子W杯が6月に迫る
なでしこリーグの注目点。
~4月29日開幕プレビュー~ 

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/04/28 06:00

女子W杯が6月に迫るなでしこリーグの注目点。~4月29日開幕プレビュー~<Number Web> photograph by KYODO

移籍したINAC神戸でミニゲームに励む澤。今年のドイツ大会でW杯5回目の出場となる

 東日本大震災の影響で延期されていた日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)は、4月29日に開幕する。

 本拠地のJヴィレッジが使用できない東京電力女子サッカー部マリーゼは、今季の参加を辞退。また延期分のカードを実施するため、リーグカップ戦は中止されることとなった。これまでとは様相が違う今季のなでしこリーグだが、6月から9月にかけて女子W杯とロンドン五輪アジア予選が控えており、実はいつになく見どころ満載のシーズンでもある。

 まずは優勝争い。多くの人が認める筆頭候補が、ケタ外れの補強を行なったINAC神戸レオネッサである。もともと昨季の全日本女子選手権を制した力を持つチームに、日テレ・ベレーザから澤穂希、大野忍、近賀ゆかりといったなでしこジャパンの主力が加入。所属選手全員がサッカーだけに打ち込める、リーグ唯一の実質的なプロ環境も持っている。焦点はI神戸が優勝できるかではなく、彼女たちがいかなる質のサッカーでどれほど独走できるかにあるとさえ言える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 484文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー総力特集 名将が語るベストゲーム。

関連記事

岩渕真奈
INAC神戸レオネッサ
日テレ・ベレーザ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ