SCORE CARDBACK NUMBER

清成龍一の例に見る、ホンダ流ライダー育成法。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

posted2005/06/23 00:00

 英国スーパーバイク選手権(BSB)に参戦している清成龍一が、素晴らしい活躍を見せている。1戦2レースを行うBSBで、6戦(12レース)を終えて6勝。転倒で1レースを失い、その転倒の影響で3レース欠場しているので、実質9レース6勝という素晴らしい勝率である。現在、総合3位。この調子で勝ち進めば、チャンピオンも夢ではない。

 清成がその名を知られるようになったのは、2003年のことだった。この年の開幕戦・日本GPで、日本を代表するトップライダー加藤大治郎選手が事故で亡くなった。その代役として抜擢されたのが、ほとんど無名の清成だった。加藤選手の所属していた「ホンダ・グレッシーニ」の“日本人選手を”という強い要望があったからだが、清成はこのとき20歳。MotoGPどころか海外レースの経験すらない彼は、当然のように散々な成績に終わった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

MotoGPの前後のコラム

ページトップ