SCORE CARDBACK NUMBER

4年前の影を捨てて、情熱を取戻したオニール。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/11/06 00:00

 トレードはNBA選手たちにとって一大事だ。チームを変わるだけでなく、生活面でも新居探しや引越し等、新しい土地での生活を軌道に乗せるまでの苦労も多い。ましてや、国境を越えたトレードとなればなおさらだ。

 「引越し荷物も、国内の引越しと違って通関手続きが必要だから、2週間くらい余計にかかってしまった」と言うのは、7月にインディアナ・ペイサーズからトロント・ラプターズにトレードになったジャーメイン・オニールだ。

 それでも、オニールは今回のトレードを手放しで歓迎していた。

 「とにかく、精神的に疲れ切っていて、変化が必要だったんだ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界から見たニッポン。Discover NIPPON
ジャーメイン・オニール
インディアナ・ペイサーズ
トロント・ラプターズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ