SCORE CARDBACK NUMBER

“松坂2世”涌井秀章は西武のエースとなれるのか。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2004/12/16 00:00

 西武は松坂大輔を獲った時の横浜高との信頼関係が、涌井秀章の指名で生きた。選手の獲得を巡っては、球団と大学・高校の関係者との間でトラブルが多い。横浜は'94年のドラフトで1位に横浜高の紀田彰一を指名した。だが、'99年に解雇、両者の関係はギクシャクしてしまった。逆に西武はその紀田を拾い、さらに関係を深めたのだった。

 今季の西武は親会社の不祥事によって、ドラフト戦線では苦戦の連続。楠城徹編成部長が「指名挨拶に行こうとしている時に限って、親会社に何か起きる」とこぼしたほどだった。そんな中で、1位指名は宇治山田商の江川智晃だと見られていた。しかし、蓋を開けてみれば、涌井を指名。ドラフト後、伊東勤監督は「本当は涌井を欲しかったので、江川をカモフラージュに使っただけ」と安堵の表情で、本音を明かしていた。涌井側も両親、本人ともに西武入りには大満足。「松坂さんのいる西武に入れればいいなと思っていたので、本当によかった」と笑顔でコメントしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーには浦和がある。THE ONE AND ONLY REDS
涌井秀章
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ