SCORE CARDBACK NUMBER

金メダルに一番近い男と5人の"鬼"たちの物語。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2004/06/17 00:00

金メダルに一番近い男と5人の”鬼”たちの物語。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 猛禽類の眼――。2000年4月、17歳の北島康介が当時のエース・林享を破って日本選手権を制し、シドニー五輪へのキップを手に入れたとき、結果以上に著者の心を捉えたのが彼の眼だった。

「自分の欲しいものへひたすらに向かっていく眼。この眼を見たときに、彼は必ず頂点まで行く、だから追い続けたいと思ったんです」

 そして、北島を育て上げたコーチの平井伯昌もまた、彼の眼に魅せられた人物だった。14歳の北島が持つ〈何者も恐れないというような光のある眼〉〈全身を眼にする感じ〉と出会い、彼を育てる決心をした。

 だが、その後の道のりは平坦ではなかった。所属する東京スイミングセンターで、シドニー五輪へ向けての強化選手に北島を推薦した平井は、他の全スタッフの反対にあう。特に北島の問題点として指摘されたのが、身体の硬さだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 990文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO2004

Sports Graphic Number 604

EURO2004

 

北島康介
平井伯昌
アテネ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ