SCORE CARDBACK NUMBER

田中、中村、萩原、シドニー組の明暗。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2004/05/20 00:00

田中、中村、萩原、シドニー組の明暗。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 4年に一度しかないオリンピックに続けて出ることは難しい。まして世代交代が激しい女子水泳界においてはなおさらだ。先月末に行われた競泳のアテネ五輪代表選考会でも、4年前のシドニー五輪代表選手たちの明暗がくっきりと分かれた。

 シドニーでは100m平泳ぎ6位、200m同7位とメダルを逃した田中雅美は、帰国後しばらく休養し、米国留学で気分転換をはかった。昨年から本格的に第一線に復帰し、同11月には再び渡米して最終調整を行い、選考会に備えていた。ところが最初の100mでは日本水泳連盟が定めた派遣標準記録に 100分の3秒届かず、満員の観客の前で無念の涙を流すはめになった。次の200mで失敗すればアテネはない。絶体絶命の田中を救ったのは、シドニーで苦楽をともにした中村真衣だった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

田中雅美
中村真衣
萩原智子
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ