SCORE CARDBACK NUMBER

オーストラリアを変えたエリート教育の中身。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2007/05/31 00:00

 アジアカップの優勝オッズを、ヨーロッパ大手のブックメイカーbwinで見ると、日本とオーストラリアが3.75倍で1位につけている。ちょっと気が早いが2010年W杯の優勝オッズでは、日本とオーストラリアが151倍でアジア勢トップ(全体で26位)。今後、両国はアジアの新たなライバルとして歴史に因縁を刻んでいくだろう。

 近年、オーストラリアが急成長を遂げた要因はどこにあるのだろう。オーストラリア・サッカー協会の元テクニカル・ディレクター、ロン・スミスは言う。

 「'81年、私たちはAIS(オーストラリア国立スポーツ研究所)の一部門として、サッカースクールを立ち上げました。一番力を入れたのがフィジカル面。世界のトップを目指すにはアスリートとしての能力が鍵になるんです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 568文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表の論点 オシムに問う。Questions on Osim Japan

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ