SCORE CARDBACK NUMBER

少数精鋭?戦力不足?U−20代表の不思議。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2007/05/17 00:00

少数精鋭?戦力不足?U−20代表の不思議。<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

 ときに伸び盛りの選手というのは、わずかな期間で驚くほどの成長を遂げてしまうものだ。18、19歳の選手同士の力関係など、半年もあれば完全に入れ替わってしまうことも珍しくない。

 4月24日、U―20代表は広島との練習試合を行った。彼らの試合を見るのは、昨年11月のアジアユース決勝以来、約半年ぶり。しかし、その顔ぶれは、さしたる変化のないものだったのである。

 この試合、主力組の先発で、アジアユースに出場していなかったのは、安田理大(G大阪)と平繁龍一(広島)のみ。だが、平繁が入った左MFには本来、梅崎司(グルノーブル)がいるのだから、新戦力は左SBの安田ひとりである。その安田にしても、アジアユースの一次予選には出場しており、本当の意味での新たな発見と言える選手ではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 585文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[THE EUROPEAN CLIMAX]蹴球戦略論。

Sports Graphic Number 678

[THE EUROPEAN CLIMAX]
蹴球戦略論。

 

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ