SCORE CARDBACK NUMBER

U-20韓国代表を率いた
洪明甫の手腕に注目。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/11/02 06:00

U-20韓国代表を率いた洪明甫の手腕に注目。<Number Web> photograph by Getty Images

現役時代、柏レイソルで主将も務めた洪明甫。韓国は優勝国のガーナに1点及ばず惜敗した

 ひとつの大会を取材していると、得てして成績とは無関係に、気になるチームが出てくるものだ。先ごろエジプトで行なわれたU-20ワールドカップでは、韓国がまさしくそれだった。

 韓国にとっては、18年ぶりの準々決勝進出。だが、言い換えれば、ベスト8止まり、に過ぎない。それでも強く印象に残ったのは、実に先進的で攻撃的なサッカーを展開していたからだ。

 韓国の攻撃は、センターバックがワイドに開き、サイドバックを高く押し出すところから始まる。中盤はいたずらに下がらず、センターバックが意図のあるパスをボランチやサイドに配ると、中盤では横に広くボールを動かし、サイドからは果敢にドリブルで仕掛けていった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 612文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー&W杯予選特集スペインを極める。

関連記事

洪明甫

海外サッカーの前後の記事

ページトップ