SCORE CARDBACK NUMBER

伏兵たちが大健闘。だからW杯は面白い。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byKenji Demura

posted2007/10/18 00:00

伏兵たちが大健闘。だからW杯は面白い。<Number Web> photograph by Kenji Demura

 背中を電流が走った。一時は22点差をつけられたウェールズが4連続トライで逆転し、フィジーは2PGで再び試合をひっくり返す。6度もリードが入れ替わる死闘に決着をつけたのは、椰子の木のエンブレムをつけた15人だった。再々再々逆転トライを奪われた後の残り3分、ゴールライン上の密集で、PRドゥエズがボールをねじ込む。1分近くかかったビデオ判定の末に逆転トライが宣告されると、3万7080人の観衆は一斉にどよめいた。

 フィジッ! フィジッ! フィジッ!

 赤いジャージーを着たウェールズサポーターを除けば、スタジアムにいる人は皆、声を限りにフィジーを応援していた。フランス人の判官びいきもあるだろう。だがフィジーが浴びた声援は、このW杯を象徴していたようにも感じられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 581文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07秋・G1シリーズ開幕]日本競馬の逆襲。

ラグビーの前後の記事

ページトップ