SCORE CARDBACK NUMBER

ナショナルトレセンが一般開放される怪。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

posted2008/02/14 00:00

 1月21日、日本スポーツ界の悲願だったナショナルトレーニングセンター(NTC)が、東京都北区にオープンした。'01年に開所した国立スポーツ科学センター(JISS)に隣接し、地上3階、地下1階の施設に各競技団体が専用練習場を持ち、宿舎と食堂の別棟もある。総工費310億円。各練習場には、いくつものカメラが設置されており、さまざまな角度からプレーを解析できるなど、日本が誇る超ハイテクセンターだ。

 テニスも、北京五輪や全米で使用されるハードコート2面、全仏で使われる赤土コート2面をそろえた室内コートが完成した。しかし、テニスは、計4面のコートの2面を、4月から一般に貸し出さなくてはならない。NTCの施設で、一般に利用を認めるのはテニスだけである。日本テニス協会は、計画段階から必死に抵抗したが、結局、管轄官庁の文科省と日本オリンピック委員会(JOC)に押し切られる形となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 529文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州チャンピオンズリーグ]ビッグクラブ攻略論。

テニスの前後の記事

ページトップ