SCORE CARDBACK NUMBER

波瀾万丈のドキッチが全豪で再起を目指す。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2008/01/17 00:00

波瀾万丈のドキッチが全豪で再起を目指す。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 エレナ・ドキッチという女子選手を覚えているだろうか。「ドキック」という表記で見覚えがある人もいるかもしれない。旧ユーゴスラビアの出身で、10歳の時に、内戦を逃れるのとテニスのために、一家でオーストラリアに居を移した。同時にオーストラリア国籍を取得。同国のNo.1として、'98年全米オープン・ジュニア優勝、'99年のウィンブルドンでは16歳で予選から勝ち上がり本戦ベスト8に進出。翌年にはベスト4に入り、'02年には世界ランク4位にまでなった。シドニー五輪では、地元の「五輪大使」に選ばれるほど、期待された若手だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 679文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本ラグビー総力特集]楕円の流儀。
エレナ・ドキッチ

テニスの前後の記事

ページトップ