SCORE CARDBACK NUMBER

本山の「円熟」が牽引するF・ニッポンの今季。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2007/05/17 00:00

 開幕戦、第2戦と記者会見の席上、松田次生が、エンジニアが変わったことについて、まるでわざわざ付け加えるかのように言及したのが気になった。自身のWEBサイトでもエンジニア交代に関して不安を表明しているところをみると、よほど思うところがあるのだろう。

 確かに、昨年松田次生の活躍を支えたエンジニアは今年、本山哲の担当になっている。同じチームインパル内での異動と言ってしまえばそれまでだが、結果的に本山が同じチームとはいえ自分のライバルである松田からエンジニアを引き離し自分の手元に引き寄せた形ではある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 658文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[THE EUROPEAN CLIMAX]蹴球戦略論。

Sports Graphic Number 678

[THE EUROPEAN CLIMAX]
蹴球戦略論。

 

モータースポーツの前後の記事

ページトップ