SCORE CARDBACK NUMBER

若手ドライバーが示す、アメリカ参戦の意義。武藤英紀 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2007/04/19 00:00

 予想外と言っては失礼だが、今年アメリカのインディ・プロシリーズに進出した武藤英紀が、開幕から大活躍を始めた。開幕戦から3位、2位、4位。ルーキーながらシリーズ3戦を終えた段階でランキング2位という快進撃である。

 と言っても何のことやらわからぬ方も少なくあるまい。現代日本のモータースポーツ界はどうしてもF1が開催されるヨーロッパを向いてしまい、アメリカのレースのことを忘れがちだ。

 ホンダの育成プログラムに所属し、F3、F・ニッポンと全日本選手権で経験を積んだ武藤も、ホンダから「今年はアメリカへ」という話を聞いたときには躊躇したという。若い選手たちの気持ちも、やはりヨーロッパを向いているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

Sports Graphic Number 676

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

 

武藤英紀

モータースポーツの前後の記事

ページトップ