SCORE CARDBACK NUMBER

“おかわり”中村剛也がおかわりを求める理由。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2005/06/09 00:00

 巨人は松井秀喜(ヤンキース)が抜けた穴を埋めるために、外から選手を求めようとした。一方、松井稼頭央(メッツ)の抜けた西武は、自前で選手を育てるというチーム方針を立てた。投手が揃っているうちに、何とか4番を打てる日本人を育てようと、土井正博ヘッドコーチは伊東勤監督に「今は我慢してくれ。必ず恩返し出来る時が来る」と言って、中島裕之をはじめ、若手を使い続けている。そんな土壌の中で育ったのが4年目の中村剛也である。

 大島裕行、高山久が伸び悩む中、中村はスンナリと一軍に入ることができた。松坂大輔と横浜高時代に同級生だった後藤武敏が、守備のマズさで降格したのと入れかわりで一軍に昇格。代打で登場するやいきなり二塁打を放つ。「形は悪いけど、必死に食らいついていく姿がいい」と首脳陣にも認められ、スタメンに起用された5月5日の日ハム戦。今度は4打数4安打2本塁打の快挙をやってのけたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 505文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦。 Germany will be mine!

Sports Graphic Number 629

決戦。 Germany will be mine!

 

関連記事

西岡剛
中村剛也
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ