SCORE CARDBACK NUMBER

濱中おさむと岡田監督、選手と指導者との絆。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2005/06/23 00:00

 選手とコーチとの信頼関係は、苦しい時でも行動を共にしてくれたという経験から生まれる。イチロー(マリナーズ)はオリックス時代のコーチ、河村健一郎に全幅の信頼を置いたきっかけを「門限を破って遊びに行ったのに黙って帰りを寮で待っていてくれた時」と言った。'00年に首位打者を獲った金城龍彦(横浜)の成長は、二軍時代に苦楽を共にした田代富雄(現一軍打撃コーチ)との関係が全て。「今の自分があるのは二人三脚でやって来たから」と断言する。荒川博の家に連日通って、一本足打法を築き上げた王貞治(ソフトバンク監督)は「二軍時代から一緒に育ってきて、共に一軍に上がるのが理想だろうね」と言う。だから二軍監督の秋山幸二には「江川智晃、定岡卓摩が力を付けて一軍に上がってきた時、一緒に一軍に来い」と言っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「全証言」ドイツは我が手に。
岡田彰布
濱中治
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ