SCORE CARDBACK NUMBER

シャラポワに負けるな。日本に鈴木貴男あり。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2005/03/17 00:00

 インフルエンザのように猛威をふるったシャラポワ旋風が、ようやく落ち着いた。昨年10月のAIGオープンから吹き荒れたシャラポワへの過熱報道は、テニスといえば女子という日本の特徴を端的に表していた。しかし、何度も書いてきたが、スポーツでテニスといえば、まず男子が先に来る。だからといって女子テニスを揶揄するわけではないが、男子テニスのレベルの高さを目のあたりにすると、そのおもしろさは尽きない。それは、日本女子より活躍が少ない日本男子でも同じなのだ。

 今年の全豪2回戦で、日本男子のエース、鈴木貴男が、世界王者のフェデラーに健闘した。当時、世界203位だった鈴木のことなど、ほとんどの方がご存知ないに違いない。その彼が、世界1位を苦しめた。セットを奪ったわけではなく、スコアだけを見ればストレート負け。文字で、彼の健闘を伝えるのは、非常に難しいものがある。なぜ彼が世界王者を苦しめることができたのかは、すでに本誌で報じたので省くが、長い間、女子の陰に隠れ、スポットが当たらなかったエースの意地も背景にあったのだろう。「プロとして負けたのは悔しい。しかし、これで鈴木貴男、そして日本男子に少しでも注目が集まれば嬉しい」。彼は、そのように話していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 416文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本の底力。The Down of Win Formula1

Sports Graphic Number 623

日本の底力。
The Down of Win Formula1

 

鈴木貴男

テニスの前後の記事

ページトップ