SCORE CARDBACK NUMBER

古田のイチ押し、飯原が歩む「イチロー2世」の道。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/04/05 00:00

 報道陣に今年のキャンプの収穫を問われたヤクルト・古田敦也監督は、「飯原」と即答した。昨シーズン、ドラフト5巡目で入団した外野手、飯原誉士のことだ。

 昨季は28試合の出場ながら3割2分4厘を打ち、オフのハワイ・ウインターリーグでは、本塁打王に輝いた。球界では、ウインターリーグで活躍した選手は、不思議と結果を出すというジンクスがある。ダイエー時代の小久保裕紀、オリックス時代のイチローや田口壮もそうだった。

 岩村明憲がデビルレイズに渡ったことで、今季からショートやサードにも挑戦している。オープン戦を見た限り、まだまだゴロの捕り方こそ不安定だったが、バッティングでは光るものを見せ、打率上位に顔を出している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 578文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オシムの選択。Osim Japan Blues in Motion
飯原誉士
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ