SCORE CARDBACK NUMBER

好調オリックスのホープ、坂口智隆のひたむきさ。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/04/19 00:00

 柔らかいバットコントロール。ユニフォームの裾を上げ、ストッキングを見せるスタイル。オリックス・バファローズに、どことなくイチローを思い出させる選手がいる。背番号52の外野手、坂口智隆だ。

 下馬評の低かったオリックスだが、ソフトバンク、日本ハムと続いた開幕5試合で3勝。坂口は、その内4試合で1番を任された。平野恵一が故障で戦列を離れたこともあったが、オープン戦で38打数17安打と打ちまくったことでレギュラーの座をつかんだのだ。開幕戦では、初回にいきなりソフトバンクのエース斉藤和巳の高速スライダーをセンターに弾き返して先制点のきっかけを作った。査定担当の宮田典計は、「あいつが1番を打ち、新人の大引(啓次)が8番に定着すれば、チームの形ができてくる」と言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 560文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

Sports Graphic Number 676

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

 

関連記事

坂口智隆
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ