SCORE CARDBACK NUMBER

ソフトバンクキラー小松聖の「因縁」。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/07/24 00:00

 昨季まで北海道日本ハムで投手コーチを務めていた佐藤義則氏にパ・リーグでどこの球団のコーチをしたいか、開幕前に尋ねたことがある。

 意外にも答えは今季低迷を続けているオリックス・バファローズだった。荒削りだが実力は未知数で、球の速い若い選手が多い、というのが理由だった。

 オリックスには、平野佳寿、岸田護、金子千尋など若手有望株が揃っているが、その中の一人に2年目の小松聖がいる。

 コリンズ前監督時代、投げ込み禁止、過度の走り込み禁止というメジャースタイルが導入された。しかし、下半身強化を図れないと感じた小松は首脳陣の目を盗んで、走り込みを行った。その結果が今シーズンの好調を生み出しているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック総力特集]彼らが戦い続ける理由。

関連記事

佐藤義則
小松聖
大隣憲司
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ