SCORE CARDBACK NUMBER

魔裟斗が敗退で大波乱、進化した「K-1 MAX」。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2006/07/24 00:00

魔裟斗が敗退で大波乱、進化した「K-1 MAX」。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 ダウン発生率100%! 「K―1 WORLD MAX2006〜世界一決定トーナメント決勝戦〜」(6月30日・横浜)は史上稀に見る潰し合いの末、3年連続決勝へ進出したブアカーオ・ポー・プラムック(タイ)の2年ぶり2度めの優勝で幕を閉じた。

 4月の開幕戦を勝ち抜いたメンバーを見ただけで接戦が予想されたが、案の定初戦(準々決勝)から技術を伴ったハードな勝負が続出した。観客席から「こんな試合を1日3試合も続けていたら、間違いなく選手寿命が縮まる」という声が聞こえてきたのも頷ける。濃密な空気に支配された勝負の連続に、取材している方も全試合終了後には疲労感に襲われた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 636文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final
魔裟斗

格闘技の前後の記事

ページトップ