SCORE CARDBACK NUMBER

秋山新監督がねらう、したたかなチーム改革。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/11/20 00:00

 12年ぶりのパ・リーグ最下位、ベテラン選手から若手選手への世代交代、14年続いた王政権の終焉。前途多難の船出にもかかわらず、福岡ソフトバンクホークスの秋山幸二新監督は泰然自若の構えを崩さない。ゆったりとした大きな流れの中で球団を変えようとしている。

 秋山幸二といえば思い出されるのは、西武ライオンズ黄金期を支えた選手時代である。3割30本塁打30盗塁を経験。さらには2千本安打を達成して名球会入り。常勝ライオンズを支えた打ってよし、守ってよしの強打者は、最もメジャーに近い男と言われたものだった。

 ところが堅物で知られたライオンズの森祇晶監督(当時)は、ホームラン後に見せるバック転のパフォーマンスを快く思っていなかったようだ。寡黙な男の唯一の自己アピールが、'94年、ダイエーへのトレードの契機と言われたこともある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ完全詳報]常勝軍団、復活!

関連記事

秋山幸二
森祇晶
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ