SCORE CARDBACK NUMBER

夏の甲子園を目指し、
まず沖縄が走り出した。
~運天、大嶺ら注目の高校球児~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/07/09 06:00

夏の甲子園を目指し、まず沖縄が走り出した。~運天、大嶺ら注目の高校球児~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 甲子園出場を懸けた沖縄大会が6月20日、南北海道大会とともに全国のトップを切って開幕した。初日は穏やかに始まるのが普通だが、沖縄では“ダルビッシュ2世”の異名を取る運天ジョン・クレイトン(浦添工)が八重山農林相手に自己最速を2km上回る147kmを記録し、話題をさらった。

 この快速球をもたらしたのがアメリカ軍人の父の血なら、キレのいいスライダーをもたらしたのは日本人の母の血である。昨年まではぎくしゃくした投球フォームがストレートから伸びを奪っていたが、八重山農林戦を見たスカウトが「柔らかさ、しなやかさなら今村猛(清峰・センバツ優勝投手)以上」と言うように、大きく成長。アメリカ人の力強さに日本人のきめ細かさが加わり、無視できない存在になってきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 582文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[サッカー日本代表特集]変革なくして4強なし。

関連記事

島袋洋奨
大嶺翔太
運天・ジョン・クレイトン
今村猛
大嶺祐太
ダルビッシュ有

高校野球の前後の記事

ページトップ