SCORE CARDBACK NUMBER

夢の続きを託された、
ディープ2世が誕生! 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2008/02/14 00:00

 初年度の種付け料が1200万円。多くの先輩種牡馬たちを押しのけて、この部門でもいきなり日本一の座についたディープインパクト(牡6歳、父サンデーサイレンス)。それでもこの馬のDNAが欲しいと思った人たちには高くなかったようで、半年足らずのシーズン中に申込みは引きも切らず、最終的に206頭もの繁殖牝馬たちとディープインパクトは交配され、うち190頭が受胎した。1回の種付けで受胎確認となるほうがむしろ稀なので、単純計算でほぼ400回以上の「仕事」をこなしたことになる。全馬が無事に産まれると、初年度だけで23億円もの稼ぎ。51億円という巨額のシンジケート募集が、瞬間的に満口になった理由がよくわかる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州チャンピオンズリーグ]ビッグクラブ攻略論。

関連記事

ディープインパクト

競馬の前後の記事

ページトップ