SCORE CARDBACK NUMBER

売り上げ回復に挑む
JRAの2つの作戦。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2008/01/17 00:00

売り上げ回復に挑むJRAの2つの作戦。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

 '07年のフィナーレ有馬記念は、中山巧者マツリダゴッホの「怪勝」。想像しにくかった結果となったことで、年度代表馬の選出は難航必至だ。思わぬ浮上はアドマイヤムーン。グランプリを戦わずに引退した時点で圏外に去った感があったが、こうなってみるとその残像が再び鮮やかな色を放って見えてくる。ライバル・メイショウサムソンを急所で2回負かしているのがクローズアップされる。

 「負けられない戦い」と、強い決意を表明して臨んだメイショウサムソンの武豊騎手だったが、それが珍しく硬さとして出たのか、大事に乗り過ぎた印象は否めない。同様に、世界一の腕を買われて超短期免許でやってきてロックドゥカンブに騎乗したキネーンも、今回の有馬記念だけは上手に乗ったとは思えなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 578文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

マツリダゴッホ
武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ