SCORE CARDBACK NUMBER

故郷ニューヨークに戻った天才少年。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/02/03 00:00

 彼を初めて見たのは1年前、ニュージャージーで行われた高校のトーナメントでのことだった。会場の一角がざわつき始めたと思ったら、彼、セバスチャン・テルフェアが入ってきた。

 といっても、最初、本人の姿は見えなかった。それくらい大勢の人たちに囲まれていたのだ。人垣の中心にいたテルフェアは、まわりから次々と差し出されるボールやプログラムに慣れた手つきでサインをしながら、ゆっくりと前に進んでいた。彼が動く速度にあわせて輪も動き、さらに膨れていく。その様は、ハーメルンの笛吹きの寓話を思い出させた。

 テルフェアは子供のころからニューヨークの有名人だった。現ニューヨーク・ニックスのステフォン・マーブリーの従弟で、テルフェア自身も小学生のときから天才少年と言われ、常に注目を浴びてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[Female Athletes 2005]彼女はもっと強くなる。

バスケットボールの前後の記事

ページトップ