SCORE CARDBACK NUMBER

アテネの余韻残る今が競技発展の正念場。 

text by

横森綾

横森綾Aya Yokomori

PROFILE

photograph byFuko Lee(2)

posted2004/10/07 00:00

アテネの余韻残る今が競技発展の正念場。<Number Web> photograph by Fuko Lee(2)

 全階級でメダルを獲得したアテネ五輪で、女子レスリングは世間に存在を知らしめた。私たちの記憶がまだ新しいいま、10月8、9日に東京の駒沢体育館で6カ国が参加する国別対抗団体戦のワールドカップが開催される。

 同大会には、伊調千春、馨、吉田沙保里、浜口京子ら五輪メダリストだけでなく、4度世界を制した山本聖子、'00年に年間最優秀レスラーとして国際表彰された坂本日登美らも出場する。あらためて日本女子の強さを見せつけてくれるだろう。

 さらに今回は、9日19時から日本テレビ系列で中継もされる。レスリングがゴールデンタイムに放映されるのは、史上初の経験だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

アテネ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ