SCORE CARDBACK NUMBER

「原点回帰」を掲げる9・25 K-1 in武道館。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

posted2004/09/22 00:00

 天国でアンディ・フグが泣いている。正直、最近のK―1を見ていると、そう思わざるをえない。テクニックと気迫に欠ける“モンスター系”の台頭、プロレスもどきの場外乱闘や反則etc……。いったいどうしたんだと叫びたくなるほど、K―1は方向性を失い始めた。昨年大晦日のボブ・サップ

vs・曙太郎が歴史に残る高視聴率を稼いだことで、競技と興行のパワーバランスが狂ってしまったのだろうか。谷川貞治イベントプロデューサーも反省する。

 「サップをはじめとするキャラクター先行型の選手のおかげで、K―1の世間での知名度は上がった。でも、その一方でK―1ファイターのアスリートとしての優秀さのアピールが希薄になってしまった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ガンバレ、ガンバレ、野球!

Sports Graphic Number 611

ガンバレ、ガンバレ、野球!

 

格闘技の前後の記事

ページトップ