SCORE CARDBACK NUMBER

欧州の端のディナモが取り入れた「最先端」とは。 

text by

杉山茂樹

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

PROFILE

posted2004/11/18 00:00

 マスカットで行われたオマーン戦の6日後、僕はサンチャゴ・ベルナベウでチャンピオンズリーグを見た。銀河系軍団に挑むディナモ・キエフの布陣は“3バック”。これでは守りっぱなしになると、期待は一瞬冷めかけたが、ピッチに描かれた実際の図が、第一印象と違うことに気付くまで、そう時間は掛からなかった。

 ロナウドとオーウェンが同時に先発するチームと対戦した場合、日本代表ならば、オマーン戦の時と同様に、3バックで挑むに違いない。ディナモのサボー監督の敷いた布陣も、3バック、ウイングハーフ的な選手を両サイドに置いたことを見れば、日本と同じように感じられた。しかし、違ったのはその先である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表インタビュー特集 ある結実。
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ