SCORE CARDBACK NUMBER

新監督ブラウン就任で、「赤ヘル旋風」の予感。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2005/11/24 00:00

 チームが外国人監督を招へいするときは、2つのケースがある。根底からチームの改革を頼むというロッテ・バレンタイン流と、次代の監督へのつなぎ役を任すという日ハム・ヒルマン流だ。広島の新監督ブラウンは、明らかに後者である。

 広島はこの8年間、Bクラスが続いている。FAによる主力選手の放出、高卒ルーキーを育成しながらのチームづくりなどの事情もあり、声がかかったOBも監督就任には二の足を踏んでいたと聞く。こういうときは何のしがらみもない外国人監督の起用が、思い切った育成を可能にさせる。そこで白羽の矢が立ったのが、マーティ・ブラウン。'92年から3年間、広島でプレーした後、指導者となり、3Aバッファローでは最優秀監督にも選ばれた。'09年に新球場建設の予定がある広島は、そこで今季引退した野村謙二郎を監督デビューさせたいという動きがあり、ブラウンはそれまでのつなぎとしては、うってつけの“育成のプロ”である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 507文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

折れない魂。Never Ending Story

Sports Graphic Number 641

折れない魂。
Never Ending Story

 

マーティ・ブラウン
トレイ・ヒルマン
ボビー・バレンタイン
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ