SCORE CARDBACK NUMBER

チームのため、師匠のため。川上憲伸、真のエースへ。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2006/06/22 00:00

チームのため、師匠のため。川上憲伸、真のエースへ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 本当のエースと呼ばれる条件。それは、チームが苦しい時に勝てることだ。その意味で、今シーズン、誰もが真のエースになったと認めるのが、中日の川上憲伸である。

 川上が入ったばかりのころ、エース教育を施したのは当時の投手コーチ、山田久志だった。山田は「中継ぎエースとか抑えのエースとかいうが、エースはチームに一人だけ。お前に任せた」と言い、川上が門限破りをしても「お前がエースになるため」と黙認したこともあった。

 あれから8年。象徴的だったのは6月6日のピッチングだ。対中日8連勝中と苦手のロッテを相手に、川上は快投を見せる。7回途中までは完全、あと3人までノーヒットノーランの1安打完封勝利。まさに「苦しい試合に勝つ」というエースの条件を十二分に満たしたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、魂の逆襲を。

Sports Graphic Number 2006/6/23臨時増刊

日本代表、魂の逆襲を。

 

川上憲伸
山田久志
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ