SCORE CARDBACK NUMBER

アメリカ戦の黒星で一皮むけた藤川球児。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/07/04 00:00

 WBC出場組は、シーズン序盤、疲れと達成感からか調子の上がらない選手が多かった。そんな中、交流戦終了時点で防御率0点台という阪神・藤川球児の安定感は一際目立つ。

 WBC2次リーグ、アメリカ戦の経験は大きかった。9回から登板し、一死満塁のピンチを招く。ケン・グリフィーJrから三振を奪ったものの、最後はAロッドにサヨナラヒットを打たれ負け投手。よほど悔しかったのか表彰式では、役員が一人おきに渡すことになっていた金メダル授与を、飛ばされたと勘違いしてこう言った。「働かない人にはくれんのですか」

 藤川の名が全国区になったのは昨シーズン。物議をかもした清原との対戦がきっかけだった。大量リードしていたにもかかわらずフォークで三振を奪い、清原が激怒。「力で抑えきるピッチャー」を目指したのは、それからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

藤川球児
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ