SCORE CARDBACK NUMBER

J2のサッカーは、「きちんと」している。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2005/08/18 00:00

 2部リーグで、これだけきちんとしたサッカーが行われているのは、世界的にも非常に珍しいことではないだろうか。J2のことである。

 「きちんと」の定義は難しいところだが、海外の監督や記者などの日本評に頻出するふたつの単語──collective,discipline──が、それをうまく表しているのではないかと思う。きちんとしたサッカーとは、「集団的で、規律のあるサッカー」というのが、私なりの定義である。

 ヨーロッパのトップリーグでさえ、下位同士の対戦になれば、やたらとボールを蹴りあう、大雑把なサッカーが展開される。周りのことなどお構いなしのスタンドプレーも少なくない。ところが、J2ではまずバランスよく、コンパクトな守備ブロックを作るところから始まる。スペースを与えることなく、組織で相手の攻撃を封じてしまう。どのクラブも、実に整然としたサッカーを行っている。2部リーグだからといって、雑なサッカーをよしとはしない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

Jリーグの前後のコラム

ページトップ