SCORE CARDBACK NUMBER

宝塚記念に参戦!ウオッカの挑戦は続く。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2007/06/28 00:00

 ウオッカ(栗東・角居勝彦厩舎、牝3歳)が成し遂げた、牝馬によるダービー制覇。実に64年ぶりという大偉業で、確率的には生きているうちに一度でも見られたら幸せ、と言っていいぐらいのハレー彗星級の大スターの出現だ。

 オークスか、ダービーか、「どちらに出してくれても、私はうれしくてたまらない」と、谷水雄三オーナーから全面的に采配を任された角居調教師が、「それなら、私自身がよりワクワクするほうを選ばせてもらいます」と冒険を決断したという話も、聞いている側の頬を緩ませてくれる。どちらを選んでも勝っていた、というのはあくまでも結果論。大きなリスクを承知で向かって行った角居調教師の「ワクワク優先」は、競馬ファン全員の夢を大きく広げてくれた。どんなに拍手を贈っても贈り足りないほどだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

総合格闘技 “PRIDE後”の世界。DOES UFC RULE MMA?
ウオッカ
角居勝彦

競馬の前後の記事

ページトップ