SCORE CARDBACK NUMBER

「キューバ危機」勃発で、北京五輪はどうなる。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2007/09/20 00:00

 新たな“キューバ危機”である。アマチュアで世界一のボクシング強国として知られる同国の主力選手が次々と亡命してプロに転向するのに業を煮やしたカストロ首相が、怒りの声明を出した。亡命選手たちを「裏切り者」と呼び、「マフィア」と決め付けた欧米のプロの業者たちが金で彼らを唆し「鮫のように新鮮な肉に食らいつこうとしている」と激しく糾弾したのだ。

 病床のカストロを動かした直接のきっかけは、7月にブラジルで開催されたパンアメリカン大会で、五輪2大会連続金メダリストのギジェルモ・リゴンドー(26)が同僚の世界選手権優勝者エリスランディ・ララ(24)と亡命をはかり失敗したこと。この約半年前には、リゴンドーと同じアテネ五輪で金を獲得した5人のうち3人が亡命に成功してプロ転向している。引退したキンデラン以外の全員がプロを目指したわけだ。カストロ首相もさぞかし頭が痛いことだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07-'08 Football Sensation]欧州異変。 THE EUROQUAKE

ボクシングの前後の記事

ページトップ