SCORE CARDBACK NUMBER

新王者リナレスを生んだ
帝拳の海外戦略とは。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySumio Yamada

posted2007/08/23 00:00

新王者リナレスを生んだ帝拳の海外戦略とは。<Number Web> photograph by Sumio Yamada

 べネズエラ生まれの「ゴールデンボーイ」ホルへ・リナレス(21)がとうとう世界チャンピオンになった。

 去る7月21日、ラスベガスのWBC世界フェザー級王座決定戦で古豪オスカル・ラリオスの猛攻をスピードとテクニックでかわし、終盤の10回、メキシカンを正確な連打で沈めてチャンピオンベルトを手にした。勝った瞬間コーナーに駆け上り「やった!」と日本語で雄叫びを上げたのには驚いたが、後で「それ以上短いスペイン語が思いつかなかったから……」とリナレスは笑っていた。

 帝拳ジムと契約し、17歳で来日して5年。ジムの合宿所で「気持ちは日本人」の生活を続けながら、天性の才能を磨いた。スキルとスピード、カンのよさを生かしたきれいなボクシングは日本のファンも魅了し、今や後楽園ホールを満員にする人気者だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 566文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[その試合が彼らを変えた]熱球物語。

関連記事

ホルヘ・リナレス

ボクシングの前後の記事

ページトップ