SCORE CARDBACK NUMBER

実に後味の悪い、大どんでん返し。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2007/12/28 00:00

 チャンピオン決定戦となった11月18日の全日本選手権フォーミュラ・ニッポンは、レースそのものは非常に緊迫感溢れる展開となって、観客を楽しませた。だが、思いがけないどんでん返しが起きて最終的には実に後味の悪い結末となってしまった。

 シリーズチャンピオンの可能性はブノワ・トレルイエ、小暮卓史、松田次生の3人にあった。レースでは小暮が猛然と首位を突っ走り、トレルイエがそれを追うという展開になった。小暮に優勝を許しても獲得ポイントで有利なトレルイエは2位に入賞すればチャンピオンになれる。ところがトレルイエはロイック・デュバルと絡んで接触、リタイアした。首位小暮はそのまま逃げ切って優勝、3連勝を遂げた小暮がトレルイエを逆転してシリーズチャンピオンを獲得した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ