SCORE CARDBACK NUMBER

杉山―ヒンギス戦に見た、化かすテニスの真骨頂。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2006/07/24 00:00

杉山―ヒンギス戦に見た、化かすテニスの真骨頂。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 テニスは「狐と狸の化かし合い」と昔の人は言った。まだ木製ラケットの時代だ。年月を経て、用具は進化し、それとともに技術も向上した。いつしか「化かし合い」は「殴り合い」のパワーテニスへと姿を変えた。「殴り合い」は、強烈なインパクトで見るものを圧倒する。トップ選手たちのすごさをひしひしと感じさせる。フェデラーのパワフルな片手バック、ナダルの強烈なスピン、ウィリアムズ姉妹のロケットサーブ。しかし、「殴り合い」が主流になるにつれ「化かし合い」を懐かしく思うのは私だけだろうか。ウィンブルドン3回戦で見せた杉山愛とマルチナ・ヒンギスの試合は、その欲求を見事に満足させてくれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final
杉山愛

テニスの前後の記事

ページトップ