SCORE CARDBACK NUMBER

米国テニス復権の鍵は、あの熱血漢が握っている。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2006/08/17 00:00

米国テニス復権の鍵は、あの熱血漢が握っている。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 世界を引っ張ってきた米国テニスが危機に瀕している。今年のウィンブルドンで、米国選手が男女ともにベスト8に残れず、'22年に現行方式が始まって以来初めてという不名誉な記録を作った。これが、彼らが苦手な赤土で行われる全仏なら納得できる。しかし、男女あわせてシングルスで88回の優勝を誇るウィンブルドンでの惨敗は、米国テニスの将来が危ぶまれる出来事だ。

 南米の台頭、旧東欧の躍進、アジア女子の成長など、米国を脅かす要因はいくらでもある。しかし、一番の問題は、若手が育っていないことに尽きる。男子はサンプラス、アガシらに頼り切り、女子のダベンポート、カプリアティはケガで戦線離脱、ウィリアムズ姉妹は燃え尽き……と、若手への健全な橋渡しは行われていない。その間に、サンプラスは去り、今年の全米でアガシも引退する。ダベンポート、カプリアティの今後も微妙だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本には野球がある。Be Proud of Baseball

テニスの前後の記事

ページトップ