SCORE CARDBACK NUMBER

全仏の勝敗を分けた、片手のバックハンド。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2006/07/04 00:00

全仏の勝敗を分けた、片手のバックハンド。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 私は片手のバックハンドしか打てない。それも球種はトップスピンなどをたまに真似るだけで、ほとんどがスライスだ。学生時代、両手打ちのバックはまれな存在だった。両手が一般の愛好家に認知されるのは、'70年代のボルグ出現以降である。その打法は急速に広まり、現在は片手打ちの方が希少価値となってしまった。両手打ちはリーチが短いものの、安定感、パワー、攻撃的トップスピンの打ちやすさで市民権を得たのだ。

 今年の全仏決勝は、奇しくも男女ともに両手バックと片手バックの対決となった。男子は両手のナダルが片手のフェデラーを下し、女子は片手のエナン・アーデンが両手のクズネツォワを倒した。両手のナダルとクズネツォワは同じ戦法を使い、相手のバックを切り崩す作戦に出た。それに成功したのがナダルで、うまくいかなかったのがクズネツォワである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー
エナン・アーデン
スベトラーナ・クズネツォワ

テニスの前後のコラム

ページトップ